Edgecam 2014 R1 - 2014年7月リリース


Edgecamワークフローの機能拡張

  • フィーチャーの加工オプションが、加工タブに追加
  • ワークマネージャのフィルター:単位と材質の新しい2つのフィルターが追加
  • 機械マネージャ:ポストプロセッサをデータベースに登録するボタンが追加
  • モデル設定:新しい移動オプションが、ワークフローのモデル設定の原点と位置タブに追加
  • 治具データベース:自動的な治具配置が可能
  • 治具マネージャ:利用可能な治具をフィルター/治具選択時にパラメータをカスタマイズ
  • 機械設定:段取り位置の選択リストが、ワークフローの機械設定でも利用可能
  • 治具マネージャ:チャックの作成・自動配置が可能
  • C軸周りフィーチャーの方向配置:C0となるような配置の試み
  • 編集可能なリボンバーの導入
 

 

加工の新機能と機能拡張

ミリングの機能拡張

  • 新しい面取り加工サイクル:面取り・バリ取りの加工が可能
  • 3D法線補正出力のサポート:走査線、輪郭、同心円スキャロップ加工等のコントロールタブに追加
  • 荒取り加工サイクル:イニシャル点の定義において、治具を含んでいる場合にこれを考慮
  • ダイナミックオフセット:加工シーケンス・座標系設定ダイアログ等の一般タブに追加
  • 旋盤溝入れ加工サイクル(新旋盤溝入れ/旋盤溝入れ・荒):高速送りリンクオプションの追加
  • 旋盤の新しいクーラント制御:旋盤加工に追加
  • ワイヤ:OnaAricutの加工条件が機械用に利用可能

ユーザーインターフェイスの機能拡張 

  • ランチャーとようこそ画面の向上
  • ユーザーインタフェイスのマスクエディタ:対話式のエディタを導入する事により操作性が向上
  • 新しい作業平面マーカー:軸ごとに標準色となり、回転バーの追加やXYZ各軸にラベルが追加
  • 新旋盤荒取り・旋盤仕上げと面取り:画像とツールチップによるヘルプ
  • 要素検査:現在の作業平面に対するフェイスの法線、勾配、回転の情報を表示
  • 加工サイクルの編集の際、1回のクリックですべての選択を解除可能
  • NCエディタ:リボンバーのインターフェイスを導入
  • レンダリングの速度向上:レンダリングエンジンの向上・インテリスナップの自動オフ
 

ToolStoreの機能拡張

  • パラメトリックシャンクグラフィック表示の新しいオプション:工具シャンクの表示/非表示
  • ToolStoreアドミニストレータの機能拡張:ジョブレポート画像をデータベース内に埋め込み
 

ライブジョブレポート

  • 速いレポート生成
  • 最新の技術を使用
  • ウェブブラウザとして実行する為、PCやタブレット・スマートフォン等で利用可能
  • 情報は常に更新(情報更新の必要なし)
  • 新しい材質レポート
  • 新しい工具レポート
  • PDF、Excel、Wordや画像のフォーマット
  • ジョブ、工具や材質などにおいて、柔軟かつパワフルな検索
 

ストラテジーマネージャの機能拡張

  • インターフェイスの機能拡張:データノードの条件が、複数行化・ノード内にコメントを追加等
  • 自動フィーチャー検出:多段穴のねじ部分のフィーチャー検出が可能
 

Code Wizardの機能拡張

  • Code Wizardの機能拡張:ダイナミックオフセットオプションが、機械設定タブに追加
  • 第3と第4の工具設定位置のサポート:工具設定位置のサポートが4か所に拡張
  • 引上げ時に工具径補正キャンセル:ミリングの輪郭加工サイクルおいて可能
  • IndexG200テンプレートの更新
  • コードコンストラクタの編集エリアの機能拡張
 

その他の機能拡張

  • NCデータ出力で、プラグインが利用可能
  • CADサポートの機能拡張:新しいヒーリングオプション
  • 移行ウィザードの機能拡張:DFN、マスクとユーザー画像のコピー

Part Modelerの機能拡張

  • ロフトプロシージャの機能拡張:ノード数が一致していない異なる形状でもロフト可能
  • スウィーププロシージャの機能拡張:ガイドカーブの追加により、複雑なスウィープを実行可能
  • サードパーティのモデルでフィレットの検出と編集
  • フライスルー表示モードの導入
  • シートボディの変換オプション:システムオプションのトランスレーションタブに導入

その他のお知らせ

  • 新しいグラフィックサブシステム:Code Wizard・シミュレータと同等のものにアップグレード
  • ソフトウェアレンダリングオプション:ランチャーの設定ボタンに追加
  • PDIライブラリの取り下げ:次期リリースより、C/C++向けのPDI SDKの発送を停止
  • Windows XPのサポート終了
  • Windows 8のサポート:Windows 8 Professional/Enterprise

ライセンス

  • インターネットを介してのネットワークライセンスの取り消しが可能
  • ショップフロアエディタ向けの新しい「Shop Floor Solids」モジュールライセンス導入
  • Sentinel RMS Version 8.5.3へのアップグレードの推奨
  • ネットワークライセンスサーバーへの接続を失った時のパートファイルの保存が可能
  • R1とR2のリリースで単一の CLSを使用