Edgecam 2015 R1 - 2015年4月リリース


加工の機能拡張

  • 丸駒チップを使用して切削負荷を一定にした、波状パターン旋盤荒取り加工サイクルを開発
  • テーパーやボールエンドミルを使用して、隅部や幅狭部を仕上げる彫刻加工サイクルを導入
  • 「パスの最適化」と「許容幅」オプションを荒取り加工サイクルと輪郭加工サイクルのコントロールタブに追加
  • 「ソリッドのフェースを選択」オプションを、走査線加工、同心円スキャロップ仕上げ加工、切残し仕上げ加工、ペンシル加工、及び輪郭加工サイクルに追加
  • 輪郭加工サイクルに、「部品や治具等への干渉を回避する」オプションを追加
  • 平面・回転加工モードのダイアログに「アクティブ軸オプション」を追加(回転加工時にどの軸を利用するか選択可能)
  • 旋盤仕上げ加工サイクルの工具パスは、最深X、及びZの値を入力する事によって制限可能に
  • 「前側フィーチャーのみ」オプションをフィーチャー検出ダイアログの旋盤タブに追加

Edgecam ワークフローソリッド (EWS)

  • 中心点と辺の数、及び半径を指定して、2Dの多角形のスケッチを作成する、多角形ツールを導入
  • ソリッドの直線パターンと回転パターンを追加
  • めねじとおねじの定義が可能
  • 押し出しのダイアログに、面取り、及びフィレットのオプションを追加
  • スケッチの作成を補助する、2D移動ツールを導入
  • DXF/DWGの2Dファイルをインポート可能
  • ソリッドモデル構築に利用するスケッチ平面作成を導入する事により、より複雑なモデルを作成可能

ワークフローの機能拡張

  • ワークフロー内で、ミリングと旋盤の複数の機械設定が可能
  • 治具マネージャにセンタリングバイスオプションを追加
  • 独自規格のねじを追加する為、ランチャーの設定ボタンからねじデータベースエディタを利用する事が可能に
  • ワイヤ加工が、ワークフローのユーザーインタフェースで利用可能に
  • ワークフローによる自動加工の為のストラテジーが向上

ユーザーインタフェースの機能拡張

  • ワークフローのリボンスタイルのインタフェースがデフォルトに
  • リボンバーをテーマとして変更可能(テーマのバックアップとテーマの回復/デフォルトのリボンへの復帰等)
  • マクロのページを簡素化すると共に、最後に使用したファイルを記憶
  • ランチャーの最近使用したファイルのリストに、「ファイルの場所を開く」オプションを追加
  • 「Inventorモデルの高速シェーディング」オプションを初期設定のソリッドタブに追加
  • 「太線」オプションを初期設定のインタフェースタブに追加

シミュレータの機能拡張

  • ワイヤ加工の工程をより視覚化する為に、シミュレータ内でのワイヤ加工のサポートを追加   

Part Modelerの機能拡張
  • 2フェースロフトのプロシージャで、頂点の一致に「オフセット」のオプションを追加

  • 拘束で表示される小数点以下の桁数を設定するオプションを追加

  • スケッチコマンドが選択された時、キーボードのX、Y、Zを押す事により、座標入力のダイアログを表示する事が可能に

  • 螺旋(ヘリカル)に「ピッチ比」、「ピッチ」を導入する事で、ピッチ設定を明確化


コードウィザードの機能拡張

  • 「ロータリーミリングでデカルト出力」と「ロータリー穴あけでデカルト出力」オプションをコードウィザードの機械設定パラメータに追加(軸方向の回転ミリング加工、又は穴あけ加工を、デカルト座標系で出力可能に)
  • 「5軸移動を直線補間で表現」オプションをコードウィザードの機械設定パラメータに追加(5軸加工サイクルで送り移動として表現、及びシミュレーションする事が可能に)

コードジェネレータの機能拡張

  • 5つの新しいシステム変数を、コードジェネレータの下記のマクロに追加(THISTURRET、SYNC0、SYNC1、 SYNC2、SYNC3)

ツールストアの機能拡張

  • 新しいバージョンの Adveonツールライブラリ(プレリリース)を、2015R1のDVDに収録
  • タレットオプションを使用して、工具がどのタレットに定義されているかを設定可能に
  • 「工具位置方向を回転」オプションを「設定」に追加
  • 「非切削工具」オプションを、工具ダイアログの一般タブに追加(ブラシやローレット工具等、実際には切削加工をしない工具を定義するのに使用)
  • ToolStoreでコロガイドのインポートオプションを廃止(Adveonにて置き換え)

ライセンス

  • Edgecamをはじめとしたライセンスの必要なアプリケーションの起動時に、CLSが起動していない場合は、自動的に開始
  • Advanced Customisationライセンス(無料で追加可能)をお持ちの場合、テーマの管理ツールが利用可能


重要なお知らせ

 

  • Windows XP and Windows Server 2003上の、ツールストアのサポートを中止
  • 32ビットのオペレーティングシステムをサポートする、最後のEdgecamのリリース
  • リボンスタイルのユーザーインタフェース(ワークフロー)のデフォルト化
  • ToolStoreより前の旧ツールライブラリのサポートを停止
  • ToolStoreでコロガイドのインポートオプションを廃止(Adveonにて置き換え)
  • AMD ATIの新世代ドライバ、バージョン14.301.1010をリリースした為、ねじのレンダリングが利用可能に 
    ...等

詳細はこちら