Edgecam 2014 R2 最新版リリース

Edgecam 2014 R2の新機能は、Edgecamを使用する上で、ワークフローが、デフォルトになる事を示し始めています。改良された自動加工プロセス(ストラテジー)やユーザインタフェース、また、更なるWorfklowやその他のEdgecamの重要な機能の強化、そして、Part Modelerにおいても、2Dデータから3Dモデルへの変換機能の搭載等、これらは、新しいレベルへステップアップするEdgecamの最新リリースの重要な側面の一部です。
 

Edgecam ワークフローソリッド (EWS)


Edgecamの大きな特徴の一つである、誰もが、より早く、より簡単に加工パスを作成できるワークフローに、新たに、シンプルなソリッド作成ツール(Edgecam Workflow Solid: EWS)が導入されました。

ワークフローは、大変利便性の高い機能ではありますが、読込み対象は、ソリッドモデルのみである為、Edgecam内で、モデルを作成するには、高価なソリッドCADシステムが必要でした。しかし、特に2軸、2.5軸といった、シンプルな形状の加工の場面において、その機能を大いに発揮できるワークフローにとって、主にワイヤーフレームモデルを使用して加工を行っているユーザー様にも、その便利な機能をお使い頂けるよう、シンプルな機能に特化した、操作性の高いソリッド作成ツールを、標準搭載致しました。
 

ワークフローの機能拡張


リボンバーのカスタマイズ機能を向上させ、新しいストラテジーファイルを搭載する事で、より使い易く、効率的な加工パスを作成する事が可能となりました。また、複数のストラテジーのセット(テーマ)を簡単に切り替える事もできるようになりました。
ストラテジーマネージャは、今回のバージョンよりソリッドマシニストの機能に統合されます)
 

Part Modeler - 2D-3Dモデリング
 

Part Modelerに新しくDXFやDWGなどの2D図形から、3Dソリッドモデルを、簡単な操作で作成できる2D-3Dモデリング機能が導入されました。

・ソリッドモデルの作成時間を短縮。
・2Dから3Dを作成する際のミスを削減
・3Dソリッドモデル化により、視覚的な向上
・Edgecam内で、数多くのソリッドベースの加工利点を活かす事が可能
…etc
 

加工の新機能と機能拡張
 

Edgecamの各加工機能の向上として、ワークの状態を考慮した穴あけ加工や、旋盤仕上げに、固定サイクル等の新オプションが追加され、また、新旋盤荒取り加工においては、アンダーカット部分の加工等の際に、切込み時の送り速度を下げる事ができるよう、送り速度調整率を指定可能になったりと、ワイヤ加工の機能拡張(牧野向けポストの追加設定・機械特有の加工条件パラメータの追加等)も含め、今回も、加工機能の更なる拡張が図られております。s.
 

フィーチャーの機能拡張
 

包絡線から手動で旋盤フィーチャーを作成する事が可能となり、ストラテジーやカスタマイズした加工サイクルを、特定の旋盤輪郭の定義に対して適用できるようになりました。他にも、デフォルトでは、本来、システムの作業平面上で検出されるフィーチャーを、異なる作業平面に変更したり、ソリッドに関連付けして、フィーチャーと共に作業平面を移動する事も可能となりました。その他、ねじのレンダリングといった視覚面での向上も含め、フィーチャー機能も強化されました。
 

ユーザーインタフェースの機能拡張
 

TCPLコンパスを使用した機能が向上し、画面の平行、回転移動が直観的な操作で行う事が可能となりました。ワークフロー内においては、ソリッドモデル上に作業平面を動的に、簡単に素早く作成する事が出来るようになった事も大きな特徴です。