EDGECAM Strategy Manager ImageEDGECAM Strategy Manager Image

Edgecam ストラテジーマネージャー

ナレッジベースの加工

Edgecam ストラテジーマネージャーは、Solidマシニストをベースとした加工プログラム自動作成ツールです。製造業における最高の熟練技術を保存し、その後の仕事へとそれらを活用し、劇的にプログラミング時間を短縮することを可能にします。
 

特長

  • 簡単な操作性
  • NCデータ作成時間を大幅に削減
  • ミリング、旋盤、複合旋盤での自動加工
  • データ作成ミスを低減
  • 加工技術ノウハウの蓄積
  • 主要なネイティブCADデータを変換することなく読み込み可能


自動化
ストラテジーマネージャーは、加工の規則・原則、知識とフィーチャーベースの加工から最善のものを含んでおり、これらを利用して、早く、確実で、高いレベルで自動化された、ソリッド加工向けのソリューションを作り出します。また、双方向のグラフィカルなツールで、部品の切削方法の定義・保存に使われます。

ストラテジーマネージャーはEdgecam Solidマシニストの能力に基づいて作られ、真の「知識を基にした加工」をご提供します。これはSolidマシニストのアプローチを基にした機能をさらに拡張し、生産現場の熟練エンジニアの知識と経験と結びつけます。CAMプロセスを効果的に動かし、結果として加工の方法は一貫性が保たれ、組織の中で最善の事例が最大化されます。

ストラテジーマネージャーは、加工方法の標準化を可能にするため、最善の経験を加工方法のライブラリに取り入れることができます。結果として、プログラム作成時間をボタンひとつまでに削減することができます。これにより、生産性と品質の向上、変動する工程の排除、ツーリングの最適化を行い、NCプログラム作成時の平凡な作業を最小限にするため、証明された技術の一貫性ある適用を行なうことができます。

シンプルなフローチャート
ソリッド内の情報をもとに、検出された穴やポケットなどに対して、自動的に工具パスを作成します。加工プロセスをフローチャート化して、そのルールによって加工工程が自動決定され、工具パスも自動的に作成されます。双方向のグラフィカルなツールで、部品の切削方法の定義・保存に使われます。


グラフィカルなインターフェイスにより、高度なプログラミング知識は必要ありません。熟練したエンジニアの知識と経験による加工ノウハウをフローチャートのルールに沿って、たくさんの穴やポケットなどのNCデータの作成も一度にできます。一度フローチャートを作成してしまえば、工具パス作成をわずか数秒にまで劇的に短縮可能です。

望まれる加工方法から導かれる操作手順と、部品を生産するための特性といった加工方法の論理を表す、簡単に使用できるフローチャートが、ストラテジーマネージャーの中核となります。

たとえば、穴をドリル加工するために、センタードリル、スポットドリル、または、ペックサイクルが必要など、一連の規則が定められます。穴直径などのフィーチャー属性が、タップ、もしくは、プラネットタップが使用されるべきかどうかを決定するために使用されるかもしれません。

Solidマシニストを使用すると、ソリッドモデルはそのままEdgecamにインポートされます。Solidマシニストは、加工可能なフィーチャーと、これらのフィーチャーに関連する情報を検索するために、内蔵のフィーチャー認識機能を使用します。これはストラテジーマネージャーによって使用され、自動的に最も適切な加工技術をフローチャートに基づいて、それぞれのフィーチャーに適用します。工具はあらかじめ決定された材料と切削データとともに、自動的にEdgecam ToolStoreから選択されます。

メリット :

  • 市場投入までの時間とコストを削減
  • お客様の実績のある製造プロセスを適用
  • プログラミング時間を削減
  • プログラミングのエラーを排除
  • 再現性とトレーサビリティの向上
  • 導入が簡単
  • 加工機に合わせたさまざまな設定が行えるポスト機能