NVIDIAのグラフィックボードの設定について

ハードウェア選定のガイドライン

概要

このページでは、弊社にて使用を推奨しているNVIDIA社のグラフィックボードをご使用する際の、Edgecamに適した環境設定について解説しています。

NVIDIAコントロールパネルによる環境設定

下記、要領で、NVIDIAコントロールパネルから、Edgecamに適したグラフィックボードの設定を行います。

デスクトップ上右クリック→「NVIDIAコントロールパネル

(または、「スタート」→「コントロールパネル」→「NVIDIAコントロールパネル」)

②「3D設定」→「3D設定の管理」→「グローバル設定」タブ→「グローバルプリセット」を【Workstation App - Dynamic Streaming】に指定→「適用

※上記、【Workstation App - Dynamic Streaming】の項目がない場合は、【ベースプロフィール】に切り替えてください。

その後、デフォルトの「グローバルプリセット」から、「バッファフリップモード」を【ブロック転送法を使用します。】、「垂直同期」を【強制オフ】に変更してください。

グラフィックドライバの変更

上記の設定でも問題が残ることがあれば、グラフィックドライバのバージョンを変更する必要が出てきます。(一般的に他のグラフィックボードをご使用の場合でも、同様にドライバを変更することによって、問題が改善される事があります。)この場合、ボードメーカーと チップメーカーの両社がドライバを出している場合がありますが、概ねチップメーカーのドライバが良いようです。)また、最新のドライバの使用をお勧めしますが、最新のドライバにもバグがないとは言い切れるものではありませんので、最新バージョンで問題の発生する場合、あえて古いバージョンを使用する必要も出 てくるかもしれません。
これらのドライバは、各チップメーカーのウェブサイトからダウンロードにて入手できます。
(NVIDIA社のドライバに関しては、こちらからダウンロードできます。)

ご注意: グラフィックドライバによる修正は、グラフィックドライバやWindowsに懸かる技術的課題が大きく関連するため、弊社は関知できません。